スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校生のみなさんへ 

はじめまして。
私が前項で "オランダの成人男性並みの身長とcox並みの体重を持つ" などという紹介を受けた、深澤良亮という者です。システムデザイン学部経営システムデザインコースの一年生です。

今回は、「首都大学東京」と検索してこのサイトにたどり着いた、これから大学を探す、受験校を決めるという方々のために、私の所属する大学、コース、部活の三点を紹介することにします。

首都大は、石原都政時代に四つの旧都立大学を合併して出来た新しい大学です。学生たちは度々その名前の奇妙さを自虐的に話したり、都立の大学でありながら都心にない事などを嘆いたりしますが、何だかんだいって首都大生であることを誇りに思っています。総合的には満足のいく大学といえると思います。
そして私の所属する経営システムデザインコースですが、このコースは経営と名前に付いているのでなんとなく文系っぽいと思われがちで、私自身にもそれを理由にこのコースを受けたという知り合いが何人かいますが、実際は完全に理系です。しかし、数学と理科が必修でない点は他の理系の学部とは大きく違うと言えます。(必修でないからといっても、数学や理科を取らなくては三年以降で話にならないらしいですが。)
そして最後に、我ら体育会漕艇部についてです。漕艇部は1946年創部の歴史のある部活で、他の体育会の部活動と比べてもOB、OGさんとの繋がりが強いことが特徴です。下は新卒の社会人や大学院生の方々から、上は6、70代のOB、OGさんの方々も、大会や練習の応援に駆けつけてくれたりします。
漕艇部が体育会の部活動として首都大の名前を背負って闘っている以上、決して楽な部活とは言えませんが、四年間の大学生活の中で漕艇部に真剣に取り組んだという事実は、いつか大きな価値を生み出すでしょう。それに、厳しいとは言っても毎日毎日練習をする訳ではないですし、休みの日も疲れて何も出来ないという訳でもありません。バイトをする時間も遊ぶ時間もありますから、身構えなくて大丈夫です。

簡単ですが、以上です。
ボートという競技の魅力は、私はまだ言葉では上手く説明出来ないですが、他大のホームページに行くと良いことが書いてあったりします。拙い文章でしたが、ここで少しでもボートに興味を持って頂けたら嬉しい限りです。

次は岡野君よろしくお願いします。
スポンサーサイト
どうも | HOME | はじめまして!

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

首都大学東京漕艇部

Author:首都大学東京漕艇部
首都大学東京漕艇部の実態を明らかにしていきます!
ホームページ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。